日経225ミニのメリット

スポンサードリンク

日経225ミニのメリット

日経225mini,日経225先物取引,メリット,レバレッジ効果,少資本

日経225ミニってご存知ですか?日経225miniとは、日経225先物取引のミニサイズの商品をいいます。つまり、取引単位が従来の「日経225先物取引」の 10分の1 という少ない資金で始めることができます。
これが最大のメリットですね。

 

日経平均が上がるか下がるかを予想すればいいという、単純さが、現在個人投資家に人気急上昇中です。

 

日経225ミニは、資金効率のいい投資の運用が可能で、レバレッジ効果の運用で、50万、60万円の資金を元手に200万、300万の株取引を行うことができます。このレバレッジの倍数が投入した資産の何倍の取引を行うかにより、おおよそのものが決まってきます。

 

 


日経225ミニの特徴

日経225ミニは、証拠金取引を行うことから少資本ではじめることが出来ます。
先ほど述べたように、証拠金取引の性質からレバレッジで運用できます。

 

そしてもうひとつ、普通の株取引のように株の銘柄を選ぶ必要がありません。
日経平均株価のが上昇するのか下降するのかを考えて、取引するだけです。

 

株の下落が予想される場合、普通の株取引を行っているとき、売りから取引を始めることができないため、株を買わないという防御的な行動しかとれません。信用取引を選べば売りから取引することもできますが、この場合銘柄が限られ、売買手数料の他に貸株料が必要になります。

 

信用取引を選択すれば、売りから取引することもできますが、この場合銘柄が限られ、売買手数料の他に貸株料が必要になります。

 

日経225ミニは売り買い自在ですから、大幅な値下げの時でも差益が狙えるのが魅力です。

日経225ミニの先物取引と口座開設

日経225ミニの先物取引

日経225ミニの先物取引、これは、将来の決められた日付で、価格を事前に決めておく。例えると、8月に3ヵ月先の価格を約束事として設定しておく。
なんか、約束手形に似ていますね。

 

日経225ミニの口座

日経225ミニの先物取引に使う口座は、通常の株式口座では取引ができません。
証券会社の扱う日経225ミニ専用の口座が必要です。
また、すべての証券会社が日経225ミニを取り扱っているわけではありませんので、ご注意ください。

 

口座開設の手順としては、証券会社で総合口座を開設して、その後、日経225ミニ専用の口座を開設することになります。

カスタム検索