アロマテラピストとアロマテラピー

スポンサードリンク

アロマテラピストという職業

アロマテラピスト,アロマテラピー,癒し,アロマテラピーアドバイザー,アロマテラピーコーディネイター,アロマリフレクソロジスト アロマテラピストという職業は、日本語で芳香療法家という意味で、アロマテラピーによって癒しを求めてくる人々の力になるというものです。何かとストレスの多い現代社会では、日常に癒しを求める人は、ほんとにたくさんいらっしゃると思います。

アロマテラピストとは、たとえばアロマテラピーの安全で正しい知識を広めたり、個人に合った精油の選択やブレンドをします。また使用法について提案をし、薬理的作用を利用したマッサージの施術などを行うのも、アロマテラピストの仕事なのです。

 

アロマテラピストは団体によって、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーコーディネイターと呼ばれています。ほかにもライブセラピスト、アロマケアスペシャリスト、アロマリフレクソロジスト、アロマ心理セラピスト、アロマ心理整体師、などと様々な呼称があります。

 

アロマの香りを親しみ、楽しめることはもちろんですが、アロマテラピストは人間に対して愛情や思いやりを持たなければなりません。
ですから、信頼してくる相手に応えられる人が向く職業ではないでしょうか。病は気からというように、アロマの香りの効能だけでなく、相手を本当に気持ちよくさせることができなければ、アロマテラピストとしての仕事ができたとはいえないのでしょう。


アロマテラピストとアロマテラピー

アロマテラピスト

アロマテラピストは、どんなところで働いていると思いますか。アロマ精油やアロマ関連商品を専門に扱うお店がアロマテラピーショップですが、アロマテラピストは主にこのアロマテラピーショプに就職するようです。アロマショップごとに扱う精油や品質・ターゲットが違ってくるのでアロマテラピストに必要な知識が変化します。生活の中に取り入れられるルームフレグランス的な物を求めてくる人、また心身の改善を目的にくる人、そんな人たちがアロマテラピーショップを訪れます。

 

そういったお客に適切な精油を紹介し、基本的な注意事項やアドバイスをしたりしてアロマテラピストは働いているのです。精油のサプライヤーはアロマ商品を供給する立場で、取引相手が医療関係者やエステサロンだったり、アロマテラピストには高度な知識が要求される場合もあるようです。

アロマテラピストとアロマテラピー

エステサロンで働くには、施術を行うためにアロマテラピー・マッサージやトリートメントの技術も身につけなければなりません。サロンの中にはエステティックよりのサロン、それから治療院よりのサロンがあるようです。

 

治療院などの医療関係に従事するアロマテラピストの場合、アロマテラピストとしてだけでは施術はできませんので医療関係の資格を持っていない場合は、アシスタントとして働くことになります。

看護免許などを同時に持っているとアロマテラピストとして働く幅が広がるようです。日本においてアロマテラピーはまだまだ始まったばかりですので、今後ますますアロマテラピストの活躍の場が広がっていくでしょう。



アロマテラピストとアロマテラピーの先頭へ[PR]SEO対策テンプレート
楽天ウェブサービスセン ター