多汗症とボトックス治療


スポンサード リンク

ボトックスとは

多汗症,ボトックス,治療,ボトックス注入法

多汗症の治療法のひとつとして、ボトックス治療がありますが、このボトックスとは、アメリカのアラガン社が販売している製剤で、FDA(米国食品医薬品局)にも承認された医薬品です。ボトックスはもともとは多汗症治療用ではなく眼瞼痙攣や斜視などを改善する治療製剤でした。ボトックスの有効成分は、猛毒として知られるボツリヌス菌なんです。

 

とはいっても、ボツリヌス菌の使用は微量で、血液中に入れるのではないので、心配の必要はありません。
筋肉の収縮を抑えるために、筋肉と神経のつながる部分に作用します。


ボトックス治療法とは

多汗症のボトックス治療法は、汗が多量に出る部分にボトックスを直接注射します。汗腺除去法のようにメスを入れることに抵抗のある人や多汗症の症状の軽い人には適しています。
ボトックス治療法は、は多汗症の症状はあっても汗の臭い自体は比較的薄い人や、季節によって発症の程度が異なる人、手のひらなどに対して行う多汗症の治療法です。
ワキガの原因になるアポクリン汗腺の働きは抑えられませんが、その場合でもボトックスによって発汗の量を減らし。雑菌の繁殖減らすことは可能です。

 

施術時間は5〜10分と短く、カウンセリングを受けたその日に手術することもできるくらいです。またアレルギーの心配もありません。入院も通院もなしで、術後の痛みや腫れもほとんどありません。治療後すぐに普段どうりの生活ができます。
効果があらわれるまでは、数日から1週間ほどかかります。

ボトックス治療の仕組み

多汗症とワキガ

交感神経の調子が狂うことから多汗症になると、異常なほど多量の汗をかくようになり、それは特に手のひらや脇、そして頭などに出ます。
多汗症の治療にはボトックス注射があり、脇の下や手のひらに使われます。ボトックス治療が行われる場合、多汗症とワキガは、よく混同されるようです。
多汗症は多量の汗が出る症状のことであり、汗が特有のにおいを発するワキガとは厳密には異なりますので、治療の方法も違ってきます。
現代では食文化の欧米化に伴い、肉を食べる習慣が増えたことにより、昔より体臭がきつくなっています。
清潔であればあるほどいいという傾向があり、そのせいでにおいに対しても神経質になる人が増え、多汗症の人はそのための体臭も気にするあまり、人と接触するのが怖くなっている場合もあるでしょう。

ボトックス治療の仕組み

ボトックスや交感神経を切除する手術をすれば、多汗症も治療できるようになっています。
多汗症の原因であるエクリン汗腺からの発汗を抑えるため、ボトックス治療では、まずエクリン汗腺が働き過ぎないようにします。エクリン汗腺から出る汗は、体内からの熱を放出することが目的の水分中心の汗です。通常は、汗は暑いときや体を動かしたときにかきます。汗を出す部位はもうひとつアポクリン汗腺があり、毛穴と繋がって脂肪や鉄分、アンモニアなどの体内の老廃物を体外に排出する効果があります。
アポクリン汗腺はワキガの原因となる汗を出す部位ですが、ボトックスによる治療には効果がありません。

 

 

カスタム検索

テンプレ