子ども保険

スポンサードリンク

子ども保険を考えよう

子ども保険,保険料

子ども保険で悩んでいませんか。昨今の不況で子どもの保険もどうしようか迷ってらっしゃる方も多いと思います。
また、どこも似たようなものと思ってる方もいらっしゃると思います。

 

子ども保険の内容は、通常の保険と違いその保険会社独自の保険サービスを扱っています。
例えば、満期を迎えた場合、払い込み金額より払い戻しが多いタイプやまた逆に少ないものもあります。
これは、契約する保険内容によって違ってくるのです。


子ども保険の内容

子ども保険は、一般的に契約内容によって学校進学時にお祝い金が払われます。いわゆる学資保険のタイプです。
最近では、子ども保険の契約者、つまり保護者が亡くなれ場合、契約満了までの保険料の免除、保険の適用などの適用があります。
他にも、病気やケガに対応したタイプの保険もあります。

 

考え方としては、子どもが学校をでて働くまでのサポートと考えたほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

昔は、学資保険として大学入学時にお金がかかるということで、積み立て保険として、満期に数十万円も払い戻しでした。
ただ、大学入学に対してはいろんな費用も考えると100万円では足りないのも事実です。

 

そういった事情も踏まえて、年々、子ども保険の内容も多種多様かしているようです。

子ども保険の比較と選び方

ここで、子ども保険の比較と選び方を考えて見ましょう。
簡単なのは、インターネットの活用です。ネット上にはいろんな保険の情報があふれています。

 

試しに、インターネットの検索フォームに「子ども保険ランキング」と入寮してみてください。いろいろ子ども保険に関するサイトが出てきますよ。
そこから資料請求するのもひとつの考え方です。

 

資料請求するときは、1社ではなく数社分取り寄せましょう。その後、その資料をもとに十分比較して、疑問があればフリーダイヤルなどを利用して質問しましょう。
そのうえで二社ほどに絞込み、保険屋さんと会って話を聞いてみましょう。

 

他にも、すでに子ども保険に入ってる人たちの意見を聞いてみることも大事ですよ。

 

とにかく納得の行くまで話を聞いて、それから決めましょう。

 

 

 


カスタム検索

子ども保険の比較と選び方の先頭へ[PR]SEO対策テンプレート