コンビニでアルバイト

スポンサードリンク

コンビニでアルバイト

コンビニエンスストアーは

コンビニエンスストアーは、今や、なくてはならない存在となっています。そのコンビにも昔と違い、ほとんどが24時間営業です。そして、そこでで働く人たちはパートやアルバイトがほとんどです。
では、気になる仕事の内容ですが、接客がコンビニエンスストアーで一番重要な仕事です。レジ操作を覚えるとともに元気よく接客しなければなりません。品物の袋詰めからお弁当を温めることまで接客内容は様々です。お金を扱うので正確さが求められます。「商品出し」という作業は、商品が売れた後、売れた商品をまた棚に整頓しながら並べる作業です。

コンビニの仕事内容

コンビ二には様々な種類の商品が売られています。これが品切れにならないように並べておかなくてはなりません。このほかに商品出しともに、売り場管理という仕事もあります。お菓子やパン、お弁当、雑誌などをいつもきれいに見えるように並べておきます。それからお弁当には必ず消費期限というものがあるので、その期限をチェックして古くなったものは「廃棄処分」しなければなりません。お弁当売り場の温度管理とともにやらなければいけない仕事です。コンビ二といってもやはり清潔なお店は人気です。ですからゴミ箱やお店の中、ガラス、トイレ、駐車場などの掃除はとても大切な仕事です。
しばらくして仕事に慣れてくると、「発注作業」もすることがあります。商品をどのくらい仕入れるか自分で判断し、端末機を使って発注する作業です。
このほかにもお店や季節によって様々な仕事があります。例えば宅急便の受付や、年賀状の印刷の受付、ギフトなどの予約などがあります。コンビニのアルバイトはある意味で他のどのアルバイトよりもたくさんのことを覚えてこなしていかなければなりません。

コンビニアルバイトの探し方

コンビニ,コンビニエンスストアー,アルバイト,接客,24時間営業,探し方,求人情報誌

コンビ二でアルバイトをしてみようと思ったら、まず、一番簡単なのは自分の働きたいと思っているエリアのコンビニに行ってみることです。24時間365日営業しているコンビニではある程度余裕をもって多めの人数でスタッフを揃えておく必要があるので、アルバイトの募集は割とやってるようですね。
ほかには、一般的な求人募集雑誌やウェブ検索ですね。
実際に働いてみたいお店が見つかったらまず電話をします。次は面接です。面接には必ず履歴書を持参します。履歴書に載せる写真は清潔感のある服装と髪型で化粧は派手すぎないようにし、ピアスなどはできればはずしておいたほうがいいでしょう。記入は丁寧な字で漏れのないように書きましょう。
面接は時間厳守で5分前には着くようにしましょう。面接のときはオーナーさんに自分の希望などをしっかりと伝えるとともに、何故この店で働きたいのかということを話せるようにしておきましょう。いろいろなお店に自分の足を運んで様子を見てから、働きたいお店を決めるのもよいかもしれません。



カスタム検索

コンビニでアルバイトの先頭へ[PR]SEO対策テンプレート

<% blog.title %>のトップへ