ゴルフの打ち方と悩み

スポンサードリンク

ゴルフの打ち方と悩み

ゴルフ,GOLF,打ち方,基本,初心者,悩み

ゴルフは奥の深いスポーツです。って、それらしく言ってもゴルフはゴルフです。まっ、何でもそうですけど。最初は、みんな初心者から始まるんです。

 

わたしは、はじめてクラブを振ったときは当たりませんでした。でも、練習したら当たるようにはなりました。問題はそこから先です。
クラブはボールに当たりますが、行き先はボールに聞いてくれって、みたいに思ったところに飛びません、飛ぶどころかかすってコロコロなんてときもありますが。

 

そんな、初心者の域を抜け出せずに苦労しているなんて、お悩みの方も多いのではないでしょうか。その解決法は、やはり打ち方が基本なんです。
そのゴルフの打ち方の基本とは、
それは、グリップ、スタンス、ボールの位置、そしてスイングです。ほとんどの方はゴルフの打ち方といえばまずスイングから入ってしまいグリップのことは忘れています。このグリップが重要なんです。ここを間違えると、変な癖がついてしまい、染み付いてしまった癖というものはなかなか直らないんです。

 

グリップには「オーバーラッピンググリップ」「インターロッキンググリップ」「テンフィンガーグリップ」の3種類があることはご存知だと思います。

 

ふつうは「オーバーラッピンググリップ」にしている方がほとんどだと思いますが、どれが適しているかは人それぞれですので、ここでは一概に言えません。

 

でも、どうしてもスライスがかかる方は右手がうまく使えていないと思えるので、他の二つに代えてみるのもいい方法だと思います。スタンスも重要です。スタンスの幅、つま先の開きを自分の体にあわせることでよりスイングがスムーズになります。

 


ボールの位置

ボールの位置は、一般的に9番アイアンを基準にし、9番アイアンはスタンスの真ん中です。番手が長くなるにつれて左にずらし、ドライバーで左足のかかとあたり、というのがいいでしょう。

 

スイングについては、初心者の場合どうしても、ボールにしっかりクラブを当てようと力みすぎて、叩きつけるような硬いスイングになっている方が多くみられます。これではヘッドスピードが上がらず、ダフりなどの原因となってしまいます。

 

正常なスイングは、ボールを真横から打つ軌道が理想的です。
ゴルフの打ち方はまず基本が大事です。これは、ゴルフに限らず、すべてにおいて通用することです。基本が出来ていないとよからぬ癖がついてしまい、その癖を直すのには苦労します。

 

なかなか上達しない方は、もう一度ゴルフの打ち方を、基本に忠実に、
そして、ついてしまった癖を直すといいですよ。


カスタム検索

ゴルフの打ち方と悩みの先頭へ[PR]SEO対策テンプレート