ルイ ヴィトンの偽物判別法

ルイ ヴィトンの偽物

「ルイ ヴィトン」(Louis Vuitton)、今では高級ブランドと言えば、「ヴィトン」、「ルイ ヴィトン」と言われるように誰もが知っている知名度の高いフランスの高級ブランドです。
さすがに、ここまでの高級ブランドになると残念ながら偽物も出回り、その数も半端ではありません。専門家ならば、手触りや臭いで偽物か判別できるそうですが、わたし達ふつうの人間にはわかりません。では、どうやって偽物と本物を判別するのか?
ここでは一般的な判別法を紹介すね。あくまでも一般的ですから、通用しない偽物もあるかもしれません。
偽物も偽造が巧妙になり、安心のギャランティカードまで偽者があります。

 

スポンサードリンク

ルイ ヴィトンの偽物判別法

一般的な判別法を紹介すね。あくまでも一般的ですから、通用しない偽物もあるかもしれません。
それでは、まず、最近のルイ ヴィトン製品には必ず、製品番号が刻印されています。この刻印が、本物は「O(オー)」という文字が、Oではなく丸い「O」となっています。ですからから、この文字はちょっとおかしい思えるような物は、偽物の可能性があります。ただし、古いルイ ヴィトン製品には、このような製造番号のない本物も存在しますので、判別が難しいときもあります。ただ、本物は「エクレール社」製のジッパーが使われている場合が多いようです。
ほかにも、made in フランス、スペイン、U.S.Aの、どの国かという事も大事なポイントです。
あと、最近、バッグは、ナイロン素材の製品も多くでてますが、ルイ ヴィトン製品のバッグは、このナイロン素材がやわらかくて、簡単に折り曲げられ、ちょっとやそっとでは折り目が付かないという特徴があります。また、触った感じががさついた感じや、硬さに違和感があるような場合は気をつけましょう。

 

簡単な判別法

簡単な判別法としては、生地のつなぎ目です。本物は、つなぎ目を境にして、左右の模様(柄)がちゃんと対称になっています。やはり、偽物はそこらへんまで手が回らないのでしょう。こだわりはなく雑です。

 

最後に、個数限定で販売制限されているマルチカラー製品の本物は、まず、入手困難です。ですから、ネットオークションなどで、見かけたら一応気をつけてくださいね。偽物の可能性が高いです。
また、偽物は「ルイ ヴィトン」の直営店のリペアサービスに持っていくと、「この商品はお取り扱いできません」などと丁重に断られます。そんな風にいわれたら怒りがこみ上げてきますよね
でも、あなたが偽物をつかまされた場合は、高い授業料だったと思いあきらめるしかないようです。そうならないためにも簡単な判別法ぐらい覚えておきましょう。