アウトバウンドとリストマーケティング

アウトバウンドとリストマーケティング

アウトバウンドって聞いたことありませんか?
アウトバウンドとは、企業やテレマーケティング事業者が顧客に電話をかけて営業することを意味します。電話による勧誘といったほうがわかりやすいかもしれませんね。
このアウトバウンド業務の多くは、各会社、企業が集めた独自の見込み客のデータベースを持っており、そのデータベースから抽出したリストのお客様に対して売りたい商品の需要が高まる時期に電話をかけます。この見込み客のデータはどうやって集めるのかといえば、一般的にはアンケート調査が多いですね。
たとえば商品を買ったときや、雑誌についている懸賞応募はがきなんかがそうです。このように、リストを集めてマーケティング展開することを、リストマーケティングといいます。リストマーケティングは、いまや企業戦略の一つですね。このリストマーケティング大きく関わっているのがアウトバウンド業務です。

 

アウトバウンド業務とコールセンター

では、アウトバウンド業務にはどんなものがあるのか、ちょっとお教えしますね。一番多くみかけるのは、イベントや各種展示会の案内です。これは集客を目的として、顧客や自社の資料請求をしてくれた見込み客などのリストをもとに、案内業務をコールセンター代行会社に委託します。委託を受けたコールセンター代行会社はリストにもとづき電話をかけて案内を促します。
このほかに、アウトバウンド業務には新規顧客開拓業務や、営業の前段階としてのアポイント業務などがあります。要するにアウトバウンド業務を委託された会社のサービス内容を電話で紹介し、詳しい説明は後日あらためて電話、あるいは自宅訪問などの許可確認をとり、見込み客の濃いリストを集めます。業務委託をうけたコールセンターは、実際に詳しいことを説明をする必要はなく、説明をするのは営業マンですから、ただ電話するだけなのです。もし電話かけた相手が詳しく聞いてきたら、そのまま対応を営業マンに任せればいいんです。

ダイレクトメール

今は少なくなりましたが、ダイレクトメールを使った手法もありました。
ダイレクトメールを先に送付しておいて、そのダイレクトメールについて、
「どうでしたか?見ていただきましか?」とフォローを促す電話です。
これもアウトバウンド業務のひとつなんですね。

 

いまでは、このアウトバウンド業務も、単に電話をかけるという業務から、営業活動までも行なう一歩踏み込んだコールセンター代行会社がでてきました。このアウトバウンド業務がでてきた背景にはやはり、企業のコスト削減が根底にはあるようですね。アウトバウンド業務はいまや、企業にとってはなくてはならない基本的な企業戦略のひとつではないでしょうか。