コエンザイムQ10の効能・効果

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10のサプリメントは、テレビで取り上げられてから、一時は手に入らないほどの人気でした。最近では、落ち着いたのか、いたるところでコエンザイムQ10の商品広告を見かけます。
では、なぜ人気なのか、コエンザイムQ10とは一体どんなものなのでしょう?
私たちの体を構成している60兆個以上もの細胞のひとつひとつに存在している物質がコエンザイムQ10です。
わかりやすくいえば、私たちが生命を維持して生きていくためには最も重要なエネルギーを作り出すものです。
心臓・腎臓・肝臓に豊富に含まれていますが、特に心臓に多く含まれています。
つまり、人間の体にとって重要なものなんですね。

 

コエンザイムQ10の発見

コエンザイムQ10が発見されたのは1950年初期頃です。イギリスのモートン博士らによって見つかったといわれています。そして、7年後。別のグループ、アメリカのクレーン博士らもこの存在をつきとめ「コエンザイムQ10」と命名されたのでした。
そしてそれが、7年前のモートン博士の発見したものと全く同じ物質だということがわかり、「コエンザイムQ10」として知られるようになりました。
その後「コエンザイムQ10」の必要性から研究が進められ、現在のように大量生産する技術が確立したのは1967年、日本の企業でした。
カップヌードルで有名な「日清製粉株式会社」です。日本の企業がその技術を確立したのです。

 

スポンサードリンク

コエンザイムQ10の商品

コエンザイムQ10,サプリメント,効能,効果,体験談

コエンザイムQ10の商品は、以前は、サプリメントが多かったのですが、いまではサプリメント以外に、エイジングケアとして、スキンケアクリームや化粧品などにも配合されています。
また、コエンザイムQ10の配合率も規制が緩和されたことにより、充実した商品が増えました。

 

当初、コエンザイムQ10は心臓病の治療に使われるなど、医療用薬品として使用されていました。日本での製造法を確立したのにもかかわらず、現在のようにサプリメントとしてすぐに売られていたわけではありません。
2001年になってようやく、コエンザイムQ10を厚生労働省が「食品」としての位置づけをしたのです。アメリカなどの先進国の国々でこのサプリメントの効果に期待が高まっていた頃でした。

 


コエンザイムQ10の効能・効果

コエンザイムQ10は日本が確立したサプリメントなのですが、発見から現在の形になるまで50年くらいのかかってしまったのですね。日本で産み出したものの認められるまで、長い年月がかかってしまったのですね。

 

私は、半信半疑で、最近、コエンザイムQ10を含んだ、安いサプリメントを買ってみました。2.3日試してみたところ、あれだけ疲れが取れなかったのが、おっ、という感じでした。
薬ではないので、何に効くというわけでは、ありませんが、
試した感想としては、
「コエンザイムQ10って、すごい」とかんじました。


カスタム検索

コエンザイムQ10の効能・効果の先頭へ[PR]SEO対策テンプレート