履歴書の書き直しについて

履歴書の書き直しについて

履歴書,書き直し,修正

履歴書を書いた人はわかると思いますが、自分では、ちゃんと書いたつもりでも読み返して見ると、「あれっ!」てことありませんでしたか?

 

その間違いを見つけたとき、あなたはどうしましたか?
最初から、書き直しましたか?

 

書き直した場合、この書き直し方にちょっと注意が必要なんです。
再度、新しい履歴書に書き直すのならいいのですが、修正液やホワイトテープを使用して修正する方法はあまりおススメできません

 

何故なら、履歴書とは自分を証明するものです。ですから、修正液やホワイトテープを使用して修正するというやり方は、好ましくありません。
相手に対して失礼というイメージがあります。

 

もしあなたが、修正液やホワイトテープを使用された正式な書類を見たときどう思いますか?

 

やはり、違和感待たれると思います。

 

わたしは、修正液やホワイトテープなどで処理した正式な文書見かけると、よく「いい加減だなぁ!」というか「見苦しい」というイメージを持ちます。
口には出さなくても、やはり正式な書類は、字のうまい下手は別として、書類はきれいであることだと思います。

 

それに、修正された正式な書類は、あまり見かけません。

 

 

 

 


間違いに気付いたら、書き直し

もし、履歴書の間違いに気付いたら、修正液やホワイトテープの使用は避けて、書き直しましょう。

 

ですが、面札会場などの出先で書き直しができないところで、間違いに気付いたときは、仕方ありません。

 

最終手段として、間違った箇所を二重線で消し、その上に正しい字を書き、訂正印を押すという方法で対応するしかありません。

 

ただしこれは、現場でのみ許される方法というより処置だと考えてください。

履歴書のチェック

パソコンがここまで普及する前は、履歴書は手書きで書くのがふつうでした。が、最近ではパソコンで作成して印刷するというやり方が普通になってきました。

 

ただ、パソコンで気をつけることは、変換ミスです。このての間違いが結構多いですね。
読み返しても、気づかないってことがよくあるんです。

 

やはり、一番大事なのは、手書きにしろ、パソコンにしろ、作成した後の履歴書のチェックだけは怠らないようにしてくださいね。

 

履歴書は、基本的には修正しないと思ったほうがいいですよ。修正するくらいなら、また、はじめから書き直し、という姿勢が大事です。

 

履歴書で損をしないように、チェックは念入りにしましょう。

 

ワンポイントアドバイス

履歴書を書くときは、できることならパソコンより、手書きの方をお勧めします。

 

自分は、「字が下手だから恥ずかしい」からといって、パソコンを使う方がいらっしゃいますが、履歴書を受け取る側としては、手書きの方が好印象を持たれます。

 

要は、殴り書きじゃなく丁寧に書くことです。

 

手書きの文字は、その人を知るうえでの一つの手段なんです。

 

職務経歴書は、パソコンでも構いませんが。