妊娠糖尿病と治療

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病,妊娠,糖尿病,治療,血糖値,インシュリン,体質,医師

妊娠糖尿病って聞いたことありませんか?

 

女性が妊娠したのををきっかけに糖尿病になるというものです。

 

女性は妊娠すると自分と赤ちゃんが生きてていくために、ひとつのからだでふたりが生きていくという状態になります。そして、女性のからだはそれに対応するような仕組みになっているのですが、やはり、母体には大変な負担となります。

 

また、妊娠すると母体と赤ちゃんをつなぐ胎盤がつくられ、これにより血糖値が上昇しやすい働きをもったインシュリン拮抗ホルモンが分泌されるます。

 

それが原因で、妊娠中期、後期にはインシュリン効果がうすれ、血糖値が上昇しやすい状態に陥ってしまいます。

 

通常の妊娠前の体なら、インシュリン分泌が活性化される自己調整機能が作用して、必要以上に血糖値はあがらないのです。

 

でも、まれに体質なのでしょうか、インシュリン分泌機能がうまくいかないひとがいらっしゃるんです。
そのような人は、妊娠すると血糖値が上がってしまいます。
これが、妊婦糖尿病を引き起こす原因だと言われています。

 

心配な方は、一度婦人科医に尋ねてみてはいかがでしょうか!


妊娠糖尿病の怖さ

妊娠糖尿病,妊娠,糖尿病,治療,血糖値,インシュリン,体質,医師

妊婦が糖尿病になると怖いのは、やはり、おなかの中の赤ちゃんに影響が出ることですね。
お腹の中の赤ちゃんが高血糖の状態になり、その糖を脂肪に変えて、巨大児になることがあります。
そうなると母体自体の状態も危険になります。
出産のとき、巨大化した赤ちゃんが、産道を通りぬけることは難しく、通常分娩ではなく、帝王切開になることが多いようです。

 

また、その逆に、早産になる可能性もあり、その場合、未熟児出産となる可能性が非常に高くなります

 

ほかにも、妊娠中毒症や羊水過多などの症状が出ることもあり、妊婦にとっては、必要以上に注意しなければなりません。

 

なにより、一番心配なのは、胎児である赤ちゃんへの影響が懸念されます。


妊娠糖尿病の対処法

しかし、妊娠糖尿病は、発症の初期からちゃんとした治療をして、血糖値を正常に保っていれば、胎児も通常妊娠同様に発育します。

 

要は、医師と相談しながら対処することです。

 

対処といっても、簡単な治療です。
血糖値を下げるためのインシュリンの注射や、通常の糖尿病のように食事療法をします。
胎児への影響を考え、飲み薬の使用は控えられます。

 

出産後は、妊娠糖尿病は治癒しやすいのですが、やはり、体質ですので後々糖尿病になりやすいようです。