通関士の仕事

通関士とは

通関士,通関手続き,財務省,輸出,輸入,国家資格,国際物流,関税

通関士というお仕事があるのはご存知でしょうか。
私たちの生活に関係している重要なお仕事です。

 

通関士となるにはどうすればよいのか、そしてそれを職業とするにはどうしたらよいのか。

 

まづ、通関士とは品物の輸出や輸入に関わるです。
だから私たちの生活に大いに影響してきます。海外と日本の間で取り引きされる国際物流を支える重要な仕事で、財務省(旧大蔵省)が管轄しています。
日々私たちの知らない間にも世界から日本へ、また日本から世界へとたくさんの商品が輸出入されています。

 

通関士は、「通関手続き」という仕事をします。それは海から運ばれる海上貨物と飛行機で運ばれる航空貨物を「誰が」「どこから」「何を」「どれくらい」輸出入するのかを税関に報告して許可をもらうというものです。

 

さらに通関士は輸出入申告がきちんと正確に行われているかどうかを審査するとともに、麻薬、拳銃などの物流を阻止しなければならないのです。
それだけではなく、関税や消費税などを正確に徴収しなければならないのです。

 

通関士の資格を持っている者だけが、通関書類の審査をして、書類に押印できるのですから責任重大です。通関士の資格を持っていない人は貨物の輸出入申告をすることはできないことになっています。ですから通関士は、あらゆる物品の知識が必要となってきます。

 

スポンサードリンク


通関士の仕事場

通関士の仕事場

では、通関士の職場、仕事場とはどんなところか気になりませんか。

 

実は通関業者として、運送会社や倉庫会社、貿易会社、商社、金融機関などが仕事場になります。
ほかには、輸入品を取り扱っている大手のスーパーや百科店などがあります。

 

活躍の場が幅広いのも仕事としての通関士の特徴でしょう。
通関士が働く会社のほとんどが、通関業と兼業している会社です。通関士専門の業務だけという会社はほとんどありません。

 

通関業務をするにあたっては、最低でも一人の通関士必要です。これは法律ですから、遵守するしかないんですね。
だから、商品の輸出入をしている企業は、最低一人は通関士が必要不可欠となります。

 

通関士の業務内容

通関士の業務内容としては、書類作成ですね。輸出入にかかわることですから、通関手続きや通関書類の作成の他、関税計算書類の審査や不服の申し立て、主張・陳述の代行などがあります。

 

情報処理の発達でIT化され、現在では、専用の端末使って税関との書類の。
やり取りを行います。

 

また、通関の時間が短く、迅速な対応をしなければなりません。
それは航空貨物が増加しているからです。

 

国の物流を大きく担う通関士の仕事は非常に責任重大であるといえるでしょう。通関士は私たちの生活に関わるたくさんの種類の商品を扱い、毎日の生活に、実は大きな影響をあたえる存在なのです。
そして通関士がいなければ国際物流は成り立たないのです。

通関士試験について

通関士試験について、気になる受験料ですが、平成22年で3,000円です。
意外と安いです。

 

合格率は平成21,22年、ともに10%を下回っています。
合格ラインは、60%なのですが。

 

興味深い統計があります。
受験率が70%だそうです。

 

申し込んでも受験しない人が30%いらっしゃるんですね。

通関士の受験申し込み関する問い合わせ

通関士の受験申し込みは、ちょっと変わっていますね。

 

試験申込書は、7〜8月に関税で直接配布されます。

 

スクールなどに通っている方は、スクールで配布されることもあります。

 

詳しくは、下記税関にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:通関士試験に関するお問い合わせ